データセンターの最適化

すべてのサーバー環境にコスト効率の高いライセンシングを提供

データセンターにおける大幅なコスト削減

サーバー、クラスタ、仮想化によるライセンスの複雑さとコスト効率の管理を支援

今日の企業IT環境は、ほとんどがサーバーで構築しています。しかし、サーバーや仮想環境におけるライセンシングは、複雑で、リスクが高く、コストがかかります。データセンターでは、大幅なコスト削減が可能ですが、もっとも大きな監査上の落とし穴が隠れています。それらを支援するのがAsperaです。

 

Asperaは複雑な状況の管理を支援

クライアント機器向けのライセンス評価基準は、非常に管理しやすいですが、サーバー向けの評価基準は非常に複雑でたくさんの細則が存在します。また、サーバーを管理するために高額な保守コスト(サーバーライセンスの総コストの最大20%)が発生します。

サーバー設定は毎日または毎時に変更され、評価基準も複雑になります。サーバーの高速化、あるいはサーバーの仮想化の再構築を行うと、年間のほとんどでライセンスが過剰になったり、不足したりすることは避けられません。

サーバーのライセンシング効果を上げるためのソフトウェア資産管理ソリューション

  • サーバーの接続形態を理解することが必要 : サーバーは物理的または仮想的なインスタンスですか?仮想化されたソフトウェアまたはハードウェアですか?ゲストシステムは単独またはクラスタで稼動していますか?資産を完全に把握することが最も重要なことです。
  • サーバーライセンスの正確なコンプライアンスが必要 : ライセンス規定は複雑で、ベンダーごとに大きく異なり、通知なしに変更することがあります。
  • 仮想サーバーライセンスの正確なコンプライアンスが必要 : その拡張性の高さから、仮想化されたサーバーは毎日再構築され、正しくライセンスされるように調整する必要があります。
  • サーバー保守ライセンスのコスト管理が必要 : データセンターには高額な保守コスト(総コストの最大20%)が発生します。
  • すべての機器のライセンスデータを管理する機能が必要 : 十分な効果を上げるためには、サーバー、クライアント、モバイル、およびクラウドのソフトウェアライセンスをすべて統括して調査しなければなりません。

2つのソリューションがAsperaの優位点

業界をリードするAspera のソフトウェア資産管理プラットフォームであるSmartTrackは、サーバーライセンスの管理や最適化のためにこれらの課題に対処します。ライセンスのコンプライアンスにおける透明性や全体的なコストを削減するための明確な手順を確保します。SmartTrackが物理的な機器と仮想化された機器を把握することで以下が可能となります。

  • ライセンスの詳細状況と必要数の調査
  • ライセンスの過不足を事前回避
  • コンプライアンスの証明と契約更新・調整の準備
  • ライセンス需要の最適化による、大幅なコスト削減の達成

Asperaの最新ソリューションSmartTrack OptimizationSimulationは、サーバーライセンスを一段高いレベルに引き上げます。そのシミュレーション機能は画期的な財務予測で、真のコスト効果を見いだすために潜在的な接続形態や構成を計画的に実施します。SmartTrack Simulation 4を利用すると以下が可能となります。

  • 実稼働環境に影響を与えることのない、異なるサーバー、仮想化、およびクラスタにおけるシナリオ分析
  • 財務的な影響の評価と真のコストを算出するためのwhat-ifライセンスシナリオの比較
  • 技術的な判断を下す前に、幅広いインフラと構成の問題の評価
  • 予算の決定、成長の目的、買収、合併に効果的なシミュレーションの利用