戦略的監査対策

専門のコンサルティングと監査対応戦略

戦略的監査対策

問題なくソフトウェア監査を通過し、ライセンス不足から発生する費用を大幅に削減

ライセンスの監査が急に増加

ソフトウェアメーカーは監査対象の企業から毎年何百万ドルものライセンス収益を回収しています。一部のソフトウェアメーカーはライセンスの不正使用を確認するための組込テクノロジーを利用したり、ライセンスされていないソフトウェアの使用を阻止する新しい監査ツールをもっていたりします。

複雑なITアーキテクチャー、仮想化、および入り組んだライセンスの評価基準に対処するために、監査におけるライセンス不足や不備によるリスクが毎日増加しています。しかし、このリスクは回避することができます!

リスクを抑える3つの重要な戦略

AsperaはエキスパートサービスとSmartTrackテクノロジーを使用して監査に対応するための支援をします。監査にうまく対応することやプロセス全体をすべて管理することが可能です。

実際に、一度の取り組みで長期的な価値を得ることができます。 戦略的なアプローチとなる3つの重要な防止対策

  • 監査からの質問状、ソフトウェア資産管理の審査や評価に迅速に対応することで、十分な準備と知識があることを提示
  • 効果的なソフトウェア資産管理プロセスやツールを導入することで、ライセンスのコンプライアンスを確保
  • ソフトウェア資産とライセンスの管理を提示することで、今後の監査対象になりにくくする

 

Asperaは信頼できる監査対策のエキスパート

監査に対する防御の恩恵は何年にもわたるものであり、Asperaはその専門知識を提供します。Asperaのコンサルタントは、コンプライアンスの状況を管理して、折衝の際には対等に渡り合えるように支援します。

監査の前後および監査中における実践的な支援

  • ソフトウェア インベントリ データの精査と修正
  • ソフトウェアメーカーのライセンスモデルを説明し、既存のライセンスを適用してライセンス不足や過払いを減らす方法を説明
  • 監査人が審査する前にデータを評価し、正しく管理していることを確認
  • 不備や間違え、および欠落したデータを探し、監査人の結果を徹底的に検証

SmartTrackは監査対策ツール

適切なツールが無ければ、完全な戦略を立てることはできません。SmartTrackプラットフォームは監査対策を行う上で大きな役割を担います。そして、現在計画しているプロセスは今後監査されるリスクを大幅に削減するでしょう。

SmartTrackは監査対策において理想的なテクノロジー

  • 購入済ライセンスと導入済ソフトウェアを自動報告
  • ソフトウェアの使用状況とライセンス使用権限データを自動調整し、費用を削減
  • ソフトウェアメーカーの要求を満たす標準的なレポートの作成
  • 理にかなった段階的な説明のために必要なデータ準備を支援
  • 監査向けのデータ入力と他のメーカーの製品への展開が可能なソフトウェアメーカーの詳細データを実装