Aspera SmartTrack data catalog software

Financial Management

計画と予算を迅速、かつ最適に

Financial Management

SmartTrackは、利用とコンプライアンスにかかる費用を調査し、財務の改善を可能にします。

企業は、ソフトウェアコストとサービス課金を管理するための大きな課題に直面しています。 しかし、ソフトウェアの需要が高まるにつれて、ライセンスの使用量とコンプライアンスで要求される財務からの全社的な視点が必要になります。

SmartTrackのFinancial Managementはソフトウェア支出や予算計画の質問に迅速かつ正確に回答することができます。

ライセンスのビジネス価値を発見

Financial Managementはすべて透明性に関するものです。ソフトウェアのコストを公平に割り当てることが、信頼性の高い予算計画を可能にします。これはライセンス管理がビジネス価値のある活動であることを示します。正確な財務データの優れた機能は以下の通りです。

コストの透明性メーカー、製品、所属、時間、プロジェクト、コスト/利益モデルなど、さまざまな視点からコストを分析します。
サービス課金の方法本機能は、ソフトウェア使用量をサービス課金の明確な定義に則り、ソフトウェア費用にマッピングするために特別に設計されています。
柔軟、かつ専用のレポート統合されたレポートでは、会計年度あたりのコスト、再利用ライセンスによる節減、新規導入ライセンスの推定コストなどの重要なIT費用が説明されています
評価基準の自動更新定期的な更新は、通貨為替レート、会計に関する税金および減価償却規定、およびローカル製品の参照価格など、グローバルな視点を取り込みます。
全社ITとの統合支出管理またはERPシステムとの容易な統合により、IT財務管理プロセス全体に重要なデータを供給します。

計画の簡素化、予測精度の向上

Financial Managementは、計画を容易にするために、すべてのソフトウェア費用を種類や予算で分類します。明確な参照価格が正確な費用予測をサポートする一方で、支払は費用計画の対応レベルまで合わせることができます。

組込まれたPrice Assistantは、完全なライセンスの調達履歴を使用して、理にかなった参照価格を作成します。SmartTrackのデータとマスターカタログの価格リストを使用して明確な公式を構築します。これらの公式は、一般的なコンプライアンスの課題(ライセンス不足など)の評価、予算の予測、節減の評価に非常に役立ちます。

 

全社的な料金を完全かつ公正に考慮

Financial Managementには、内部サービス課金の複雑さを解消するように特別に設計された機能が用意されています。企業では、ポートフォリオ管理とエンタープライズソフトウェア契約において、一定の水準を満たした一元化が必要になります。これは、すべての企業ユーザーにソフトウェア支出の総額を割り当てるという課題に対して、公正に処理することに繋がります。

SmartTrackのライセンスおよびソフトウェアの使用データにアクセスすることで、Financial Managementは、ユーザー、デバイス、インストールまたは現在のライセンス数など、非常に細かいレベルでサービス課金を計算することができます。比類のない透明性を持ち、本当のソフトウェア消費に重点的に取り組むことで、内部課金方式が広く受け入れられるようにします。